バイク保険(自賠責保険)

バイクの自賠責保険とファミリーバイク特約について説明

バイク自賠責保険

一口に「バイク保険」といっても、実際には、2種類の保険があります。

  1. バイクのナンバープレートを交付する際に、必ず付けなければいけない保険(自賠責保険)
  2. バイクオーナーの任意で加入する保険(任意保険)

以上の2つです。

バイクの自賠責保険(強制保険)

自賠責保険(強制保険)は、バイクに限らず全てのクルマが加入を義務づけられている保険です。もしも未加入であったり、あるいは、うっかり期限切れのまま乗っていたりすると、法律で罰せられます。50万円以下の罰金。または1年以下の懲役(+違反点数6点=免停)

そもそも自賠責保険というのは、クルマ社会の黎明期にせめて事故の被害にあった人の補償だけはできるようにという趣旨でできあがった保険です。補償の対象は、あくまでも事故にあった人(被害者)の傷害・障害・死亡などに対してだけです。(加害者の治療費や、加害者のバイクの修理代はもちろん、被害者のバイクなどの修理代も出ません)

また、事故にあった人への賠償といっても、無制限に出るのではなく最高で3000万円まで(例外的に4000万円のケースもあり)です。しかも、3000万円までというのは死亡や後遺障害を負った場合に限られ、通常のケガに対しては、120万円までしか支払われません。以上の解説から、以下のようなことがいえると思います。

自賠責保険のみでも大丈夫な人

  • 相手を死亡させて、その相手が医者で、賠償額が3000万をはるかに超える2億円であったとしても、ポケットマネーから賠償金を支払えるような、超お金持ちの人。
  • 自分がケガをしても、生命保険や傷害保険にいやというほど加入していて、治療費のおつりが出るほど入院給付金を受け取れる人。

こういった人であるなら、バイクの自賠責保険だけで十分であり、べつに、任意保険に加入する必要はないでしょう。

ファミリーバイク特約

あなたがすでにクルマを持っていて、そのクルマに任意保険がついている場合はファミリーバイク特約が使えます。ファミリーバイク特約は、原付~125ccまでのバイクが対象です。

ファミリーバイク特約は、主契約の対人・対物の補償が同額で支払われます。例えば主契約であるクルマに、対人無制限、対物無制限、がついていれば、バイクの事故でも、対人・対物が無制限で支払われます。搭乗者傷害や人身傷害はでません。あくまでも、相手(人・物)に対する補償に限定されます。

また、台数の制限がありません。どういうことかというと、あなたの家に3台のバイクがある場合でもあなたのクルマの任意保険にファミリーバイク特約を付ければ、3台どれにもこの特約が適用されるのです。さらに、あなたが友人のバイク(原付~125)を借りて事故を起こした場合でも、このファミリーバイク特約が使えます。

また、あなたのクルマの年齢条件が「21歳以上」であったとして、あなたの弟(18歳)がバイクで事故を起こしたとしましょう。
この場合、主契約の年齢条件は「21歳以上」なので、ファミリーバイク特約は使えない、と考えるのが普通ですが、これが使えるのです。つまり、ファミリーバイク特約は、主契約(あなたのクルマの任意保険)の年齢条件とは、無関係なのです。

さらにさらに、このファミリーバイク特約のお世話になるような事故を起こしたとします。当然保険金が支払われます。すると、主契約であるあなたのクルマの任意保険は、来年の保険料が上がると思われますが、保険料は上がりません。つまり、ファミリーバイク特約の事故には、無事故割引(等級)は影響を受けないのです。

というように、何だかいいことずくめのようなファミリーバイク特約ですが、主契約にある「搭乗者傷害」や「人身傷害補償」は使えません。この点は注意が必要です。ただし、ファミリーバイク特約にも「人身傷害補償」を付けられる会社があります。高くなるけれど。