県民共済の保険(都民共済・府民共済)

県民共済の歴史や特徴などを詳しく説明

女性とこどもの保障が充実しているコープ共済

県民共済(都民共済・府民共済)の保険は、非営利の事業で、創業以来、一度も掛け金の引き上げを行っていません。また、掛け金の割戻率も高く、まさに、消費者の味方です。県民共済(都民共済・府民共済)の保険は、「生命共済」と「「新型火災共済」の2本立てで、シンプルそのものです。自動車保険(自動車共済)はありません。

県民共済(都民共済・府民共済)の保険に加入するには、およそ200円程度の出資金を、初回掛け金と合わせて振り込みます。金融機関の窓口や、郵送で、加入できます。一般の生命保険に加入している人が、補足的に加入するケースも多いようです。「シンプルで、安い」これが特徴です。

県民共済の呼び方

まず知っておいていただきたいのは、いわゆる「県民共済」は、全ての都道府県にあるのではない、という点です。あるのは、37都道府県です。また、呼び名についても、下記のようになっています。

  • 東京都は「都民共済」
  • 大阪府・京都府は「府民共済」
  • 神奈川県は、なぜか「全国共済」と呼びます
  • 北海道は「道民共済」
  • あとの県は「県民共済」

ということになります。

グーグルなどで検索すると「神奈川県民共済」というサイトがありますが、このサイトは今ここで扱っている県民共済グループとは別です。(そこがいけない、という意味ではありません。わたくし、管理人は、中立の立場ですから。ただ単に、別組織だ、ということをいいたいだけです)

県民共済の歴史

県民共済グループは、1982年にスタートしました。「一律掛け金、一律保障」の生命共済から始まりました。運営主体は、全国生活協同組合連合会(全国生協連)です。県民共済グループは、非営利の共済事業で加入者は、1、500万人(件)を超えています(2006年現在)。

県民共済の特徴

県民共済(都民共済・府民共済)の保険には、「割戻金(わりもどしきん)」の制度があります。これは、共済側がいったん受け取ったみなさんの掛け金から、共済金の支払いや運営費などを差し引いた残りの資金を、「割戻金」として、みなさんに還元する制度です。

具体的に、2005年の「生命型・入院型」で見ると、割戻率は、全国平均34.5%です。月々の掛け金が2,000円のコースの場合なら、年額24、000円のうち、8、280円が戻ることになり、実質的掛け金は、月々1、300円ということになります。さらに、県民共済(都民共済・府民共済)の保険では事故の際に支払った共済金は、掛け金総額の46.7%になり、これも加入者に還元されているわけで、割戻金と合わせて考えると、80%超が加入者のみなさんに戻っていることになります。

そして、県民共済(都民共済・府民共済)の保険では、割戻金制度を適用しているのは、生命共済だけでなく、火災共済にも適用しています。生保分野と損保分野の両方で割戻金制度を行っているのは、県民共済グループだけでしょう。いずれにしても、県民共済グループが自らうたい文句にしている「加入者本位」。これは、そうとうな説得力を持っていると思います。